Random Posts
Recent Comments
Lifestream
Please, activate plugins that come with the theme.

塾で受けた、講座とマンツーマンのコース

ぼくは去年まで通っていた塾にとても感謝しています。ぼくはいま高校生なのですが、中学生の時にその塾にはお世話になりました。ぼくはすごく成績が悪く、勉強をしていないわけではなかったのに、容量の悪さからか、いつもテストの成績は低かったんです。だけど、中学二年生から通い始めたその塾で、ぼくはめきめきと成績を伸ばすことができました。塾では自分の苦手な科目の講座を受けていたのですが、その講座とは別に、マンツーマンで教わるコースにも通っていて、そこで容量の良い勉強法をいろいろと教わることができたんです。ぼくは高校の受験も、なんなく成功させることができました。今では成績もトップクラスです。そんなぼくは、いつか自分も塾の講師になりたいと思っています。学校では教え切れないことってありますからね。そういったことを教えることができる塾という場所で、自分のように成績の良くなかった人たちの力になりたいと思っているんです。

学習塾の難関高校向け講座について

学習塾に通う中学生の中には、学力レベルが様々な生徒がいます。学習塾自体が、ハイレベルの生徒専門のコンセプトで運営されている場合もありますが、様々な学力の生徒を受け入れている学習塾も多いのです。しかしそのような学習塾でも、難関高校受験を希望している生徒に対しては、難関高校向けのオプション講座を設置して、特別なサポートをしているケースが多いのです。難関高校の場合には、通常の公立中学で学習する内容以上にハイレベルな内容の問題が出題される傾向にあるので、特別な講座の設置が必要なのです。たとえば英語であれば、通常は高校で学習する過去完了や仮定法なども学習して、入学試験の準備をするのです。また数学でも、それぞれの高校で難易度の高い問題が出題されるので、学校別の傾向を提示して、その対策を行うことが重要なのです。また学校によっては論述式の解答が求められる入試問題もあるので、答案作成方法についての特別な指導も必要なのです。

学習塾の選択講座について

学習塾の中には、通常のレギュラーコース以外に選択講座を設置している場合もあります。選択講座は、それぞれの生徒が苦手としている領域を強化したいときに自由に選んで受講できるのです。通常の学習塾の中学生の必修コースでは、学校の授業に合わせた内容で英語・数学・国語・理科・社会がセットになっているケースが多いと思います。選択講座ではそれ以外に特定の科目の特定の単元の学習や、特定の志望校向けの学習を目的とする場合が多いのです。たとえば英語でも、入試問題に出題される長文読解だけにターゲットを絞った講座が設置されることもあると思います。あるいは特定の難関私立高校向けの特別講座が設置されることもあります。このような選択講座は、内容と受講者が限定されている点で、通常の集団授業よりも効果的に学習できると言うメリットがあります。特に受験学年である中学校3年生であれば、夏期講習や入試直前にこのような講座を受講して、一層の学力強化を図るべきだと思います。

子供が行っていた個別の塾

今は中学校2年生の息子が中学校へ入学した時に
初めて英語の勉強が入ってくるので、授業についていけるか心配でした。

まずは大人数の塾に入るか、近所の個別にやっている塾にするか悩んだのですが
部活など朝練があるような熱心な部活にはいって時間なども無くなるだろうしということで、時間の融通が利く近所の個別の塾へ行くことにしました。

部活で遅くなった時も塾をお休みすることなく
時間をずらして頂いたり、別の日にしてもらうことで
一日もお休みせず通うことが出来たおかげで、英語の成績も
なんとか良い成績を残すことが出来ました。

新生活が始まる時は、生活のリズムも狂いやすいですし
そこに勉強となればなかなかこなすことができないと思うので
時間に余裕のできる個別の塾が我が家にとっては大変良かったようです。

最初に勉強でつまずいてしまうと後々大変ですが
最初に力をいれて頑張っておけば後々楽になりますし
生活に余裕も出てくるので私は個別の塾をオススメします。

個別指導を行っている塾

個別指導の塾は、講師1人に対して生徒が1人または2人という形で授業を行っているもの。大人数で行うスタイルでは授業に追いつけない生徒も多いが、個別指導では生徒のペースに合わせて授業を進めることができ、それぞれの苦手分野を克服していけるので理解力が深まる。常に講師が隣についているため気軽に質問をすることもでき、効率よく勉強していくことができる。講師は担当制が多いが、生徒との相性などが一致しない場合は変更できる塾がほとんどで、生徒に合った講師を見つけることでより個別指導としての価値は高められる。
時間割は大教室型の塾とは異なり、配布された時間割通りに通うのではなく、生徒の都合の良い時間に授業を入れていくといった、いわば大学のような形式となっている。また、急に都合がつかなくなって授業に出られない場合でも、授業時間の変更や振り替えができるのが個別指導の利点である。
最近は個別指導の塾が増加傾向にあるため、学校や家の近隣から選ぶことも容易になっている。